TENET テネット カーチェイスシーンを解説してみる

注意:ネタバレあり

TENETのパンフレットでも解説されていなかったカーチェイスシーンについて整理してみた。まだ、2回観ただけなので不備があるかもしれないが参考までにどうぞ。

TENET時間軸
TENET テネット カーチェイスシーンの時間軸

カーチェイスのシーンで不明な2点あり、

  1. キャットの時間軸
  2. プルトニウム241はいつ取られたのか?

である。ここでポイントとなるのが

  • キャットは順行のまま連れ去られた
  • (恐らく)プルトニウム241は逆行車に投げた瞬間に取られた

ということである。

まず、キャットが逆行セイターと逆行車で現れたシーンは恐らく逆行セイターが最後(過去)にキャットをフリーポートまで送り届けたということになる。(それか部下が送り届けた)また、最初にキャットがフリーポートに到着した際に見た逆行車は、キャットがその後連れ去られる逆行車である。そして、順行主人公に助けられたあと、キャットは逆行セイターによってフリーポートに戻ることになる。戻ってきたフリーポートでキャットがマスクをつけているのは逆行酸素が充満している部屋だからである。

プルトニウム241は、逆行主人公が乗り込んだ車に乗り込んだ時点から車の中に存在し、順行主人公が投げ込む=逆行車から飛び出す瞬間に取られた?と思われる。

関連商品

コメントを残す

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。