予算3万円で買えるおすすめサウンドバー 2021年

couple love sitting evening

先日、新しいサウンドバー が欲しいと思い家電量販店に行ってきました。→ 買い換える理由についてはこちら

予算は3万円程度で、なるべくコンパクトで耳が疲れないものを探しに行きました。そのとき、試聴したのがDenon、YAMAHA、Bose、Polkの4社でした。各メーカーの感想を書きたいと思います。

第4位 Denon DHT-S216K 価格:22,100円

特に感動もなく至って普通の音です。聴いた中では一番魅力がありませんでした。

第3位  YAMAHA SR-C20A  価格:18,000円

YAMAHAも綺麗ですが、至ってシンプルな音でした。SR-C20Aは、高音がカサカサしてる感じで微妙でした。

YAS-209の方が音が良かったですが、デノンと大差はありません。こちらの方がAlexa搭載で機能も音もよいですが、かなり横長で置くにはそれなりのスペースが必要です。ただYAS-209は5万円を超えます。外付けサブウーファーなしで少し短いYAS-109であれば、Amazonでは2万円程度です。店頭には、生産を終了しているためないようです。

第2位  BOSE TV Speaker  価格:27,000円

さすが、Boseなので滑らかな低音と味のある音を出します。しかし、スピーカーは正面にしかついておらず音の広がりは全くありません。上位モデルのBose Smart Soundbar 300を聴くとその差は一目瞭然です。こちらのモデルは左右にもスピーカーがあるので広がりが違います。しかし、5万円以上するため高すぎます。

第1位  Polk React  価格:27,000円

私も家電量販店に行くまで知らなかったメーカーですが、アメリカの老舗メーカーPolkのReactがダントツでよかったです。Boseよりも滑らかな音で耳が疲れない低音と上向きのスピーカーで広がる音。さらに、滑らかで上品なデザイン。そして、心を引かれたのは声の音量だけを調整できるVoice Adjust機能です。

他のスピーカーにも声を聞こえやすくするモードはありますが、この機能は声だけの音量を調整できます。しかも、他の音が崩れることなくごく自然にです。映画でも音楽でも音量を大きくする理由は大抵声が聞き取りずらいからです。まさに求めていた機能。そしてこの機能は特許を取っているのでPolkにしかないみたいです。

さらに、便利なAlexa機能付きです(Alexa実はめちゃくちゃ便利です。詳しい機能は後で記述します。)SpotifyもWifi経由で聞けます。Bluetooth経由だと音が落ちるのでSpotifyユーザーとしては嬉しい機能です。

すごく気に入ったので、その場で購入してしまいました。家電量販店に行くまではAmazonで3割引クーポンを配っていたBoseにしようと思っていたのですが、実際に自分の耳で聴くことはとても大切なことでした。本体はとても軽いのでささっと持って帰れました。

さっそく、Polk Reactを使ってみました。

家に帰りさっそく設置してみます。試しにspotifyを流してみます。

スピーカーから流れる滑らかな音、これは大人のスピーカーだ(*主観です)

今度は試しに(結局最後まで観ました。)アベンジャーズのインフィニティ・ウォーを再生してみます。
モードは「Movie」に設定しました。

*モードにより音が全く違うので、店頭で映画を試聴する場合はぜひMovieで聴いてみてください。

すごい!音の広がりはまさに何度も何度も足繁く通った映画館!!まるで映画館だ!!

買って大正解です!!

便利なAlexaの機能

Alexaの青色がかっこいいです。

Alexaに話しかけることで、本体の操作が可能です。また、スマホに「Amazon Alexa」というアプリを入れると様々な機能が使えます。

1.ラジオが聴ける

RadikoをAlexaで呼び出せます。有料会員だと、Alexaアプリでスマホの画面から操作できます。

「Alexa、radikoを開いて」「Alexa、次」と声をかけると操作できます。
詳しい操作についてはこちらをどうぞ

さらにスマホアプリにはTuneInもあり、こちらはスマホの画面から操作できます。地元のラジオだけでなく、BBC Radio2など世界のラジオも聴けます。

Radikoは声だけで起動できるので物凄く簡単にラジオが聴けるので便利です。

2. 本を読み上げてくれる

AmazonのKindleにある本を読み上げてくれます。こちらもスマホの画面から操作できます。日本語でも英語でも読み上げてくれます。イントネーションはSiriの方がうまいと思います。

3. 天気やニュース、時刻を教えてくれる

「Alexa、今何時?」と訊くと答えてくれたりします。

注意1:Alexaは部屋の音を録音しているので注意

Alexaは反応するために常にマイクをONにしておく必要があります。そして、該当ワードを拾った場合は録音内容を履歴に残します。Alexaの履歴は下記のリンクから確認し削除するか、直接話しかけて削除することができます。

https://www.amazon.co.jp/hz/mycd/myx/#/home/alexaPrivacy/home

Alexaが気になる場合、Polk React本体のマイクをOFFにできます。本体上部のマイクボタンを押すと、OFFの場合赤色に光ります。

注意2:音量を上げている場合、 Alexaも大音量になる

繋いでいるTVやスマホで音量が小さい動画などを再生するときに、ボリュームをかなりあげるときがあります。そのときに間違ってAlexaを呼んでしまうとかなり大きな音量で喋ります。

リモコンの操作

実は電源ボタンがない

実は電源ボタンがありません。では、どうやって電源を切るのか、、、方法は至ってシンプルです。電源コードを抜いてください。いちいち抜くのは面倒なので待機電力が気になる方はスタンバイモードに設定するとよいでしょう。

リアスピーカーは日本では仕様できない

この機種には、本来ではアメリカではリアスピーカーをつけることができます。しかし、電波法の関係で日本では使用できないようです。リモコンにボタンがありますが使用できません。

私は単体でコンパクトなサウンドバー を探していたので元々必要はありませんでした。

Spotifyとの連携

Spotifyとの連携はスマホアプリから行います。再生時は、スマホとPolk Reactを同じWifiに繋ぎます。(2.4GHzと5GHzどちらかに揃えてください)別々に繋いでいたら、全然画面に出てこず焦りました。

Polk Reactは3万円以下で買えるサウンドバーの中では一番!!

実際に使ってみても満足がいきました。映画を見るにも音楽を聴くにも適しており、何より長時間聴いていても耳が疲れません。もし、サウンドバーの購入を考えているのであれば、一度必ず実物をみてきいて決めてみてください。

Amazonリンク一覧

コメントを残す

Related Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。