古い延長コードを使い続けて頭痛なった話

man in black suit covering his face with two hands

最近よく古い延長コードは買い替えなさいという記事を目にしていました。しかし、そうだねとは思いつつも買い換えるのが面倒で放置していました。

そんなある日、在宅勤務で雑談が減ったので人の声が聞きたくなりホームシアターのスピーカーを利用し、ドラマを一日中流していました。すると、夕方ごろから耳の後ろが重くなり頭痛がし始めました。最初は一日中つけっぱなしにしたから疲れたのだと思いました。しかし、スピーカーを消したあとも、頭痛は一向によくなりません。もちろん、スピーカーをつけると頭がガンガンします。

スピーカーと延長コードがいけなかった

photo of wall socket
Photo by La Miko on Pexels.com

「スピーカー 頭痛」で調べてもサブウーファーで頭痛になる人もいるという話しかでてきませんでした。とりあえず、サブウーファーを切って使い続けました。それでも、頭痛は良くならずので友人に相談したところ「スピーカーは電源も大事。延長コードのせいではないか。」と言われました。さっそく、スピーカーを直で電源に刺すと先ほどまでの重たさは軽減しました。つまり、頭痛の原因は延長コードからの電磁波でした。昔、電磁波で体調が悪くなる人がいるという話をテレビで見たことがありました。そのときは、そんなの気にしすぎだよっと思っていましたが、自分も気が狂いそうでした。いや、狂いました。なんせスピーカーを使っていない間も、延長コードはずっと使用していました。道理で頭痛がする訳です。

延長コードをライトなしの物に買い替え

引っ越して約1ヶ月、それまではあまり使わなかった古い延長コードを毎日使い続けました。それは、当然劣化するわけでさっそく、ライトなしのエレコムの延長コードに買い換えました。(ライトのついてる音も嫌だと思ったためライトなしに)

こんなに安いのになんで最初から買わなかったのか・・・。ついでにスピーカーも買い替えました。ソニーのホームシアターを利用していたのですが、どうしても低音が気持ち悪くスピーカーともお別れする必要がありました。そういう仕様なのか壊れていたのかは定かではないです。

電源コード大切です。

やっと、頭痛のない世界に。

これでやっと自分の部屋で、ゆっくり休めます。

これからは延長コードは定期的に交換する!!

今回の件でたまに使う分にはいいですが、毎日使う場合は1〜2年で交換すべきだと実感しました。スピーカーとの相性も偶然悪かったのだと思いますが、もう頭痛がこわいので一年置きに交換すると誓います。たったの1000円だし!

そして、スピーカーはケーブルや設置場所も重要だということも学びました。ちなみに次の投稿では、新しく購入したスピーカー(サウンドバー)について書こうと思っています。

One thought on “古い延長コードを使い続けて頭痛なった話”

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。